かしこく”売れる広告”を探す考え方 

応援してもらえると嬉しいです。
1日1クリックをお願いします。
矢印アフィリエイトブログランキング

 

アフィリエイトをする上で重要なことの一つに、

どんな広告でアフィリエイトをしたらよいか?ということがありますね。

この広告の選び方で、どうしたらいいのか迷って手が止まってしまっている人も少なくないでしょう。

考えてもみれば、最大手のASPであるA8ネットでは2015年6月現在で稼働している広告が5000件もあるといいますから、迷うのも当然です。

しかもASPはA8ネットだけでなく、アフィリエイトBやアクセストレードなど
代表的なところだけでも十数件ありますし、クローズドASPや規模の小さいところまで探せば、ある程度重複しているとはいえ、相当な数が存在するということです。

さらには、新規の広告案件がほぼ毎日のように公開されていますので、
もはや無限にあると言っても大げさではありません。

もちろん、迷ってしまうのはそれだけでなく、ブログやサイトをつくり、
記事の更新をして、SEO対策もしたのに、選んだ広告がさっぱり売れなかったらどうしよう・・・

そんな思いから、決めあぐねているということもあるのではないでしょうか?

売れる広告ということを考えた時、その広告のバナーのデザインやキャッチコピー、さらにはクリックしてもらった先のLP(ランディングページ)の出来の良し悪しが、必要最低限の条件にはなりますが、たくさんある広告の中で、どういった視点で”売れる広告”を探せばよいかを紹介してみたいと思います。

ちなみに、スマホユーザー向けには電子コミック・占い・カラコンなどのジャンルが良いとか言われても、いまいち気が乗らないとか、昔から人気の脱毛やクレッジトカード・看護師の転職などは強いライバルが多いので今さら参入するのはどうなのか、とためらっている人にも、すこしでも役に立てればいいなと思ってます。

ところで、あなたは、どんな広告が売れやすいと思いますか?

購入してもらいやすいと言い換えたほうがいいかもしれませんが。。。

広告を紹介して、あなたのブログやサイトから、商品やサービスを購入していただくことで、報酬を得るアフィリエイターとして、ここをよく考えて広告を選ばないといけないですよね。

闇雲に広告を載せるだけでは、どんなに記事を書くスキルやSEOの知識が豊富でも、思ったような結果には結びつきにくいものです。

多分、もっとたくさんあるんでしょうが、

私が意識しているのは、この4つです。

1.購入するお客様の金銭的負担が少なく、報酬が高い
2.アフィリエイター以外のライバルが少ない
3.マーケットが大きく成長している
4.期限があり、必ずどこかには頼まなければいけない

順番に解説していきますね。

購入するお客様の金銭的負担が少なく、報酬が高い

例えば、スキンケア商品や健康食品のトライアル商品やお試し品と呼ばれるものは、そもそも通常品より安いので売りやすいです。

そして魅力的なのは、報酬が成約する価格の割に高いことです。

具体的に言えば

500円のトライアル商品が1個成約すると、

アフィリエイト報酬が同じく500円。

場合によっては、600円や700円など、

いわゆる報酬率が100%を超えるものが少なくありません。

 

健康食品にいたっては、あの誰もが知る青汁のお試しが、1000円の申し込みで4000円のアフィリ報酬(6月現在)という、もはや意味不明のものもあったりします。

これは、通常価格が3000円以上の正規品を、初回購入者限定でお買い求めしやすい1000円でお試しできるパッケージを用意したキャンペーンで、もともと青汁に興味があった人や、健康に不安や悩みがある人に、金銭的な負担をかけずに気軽にお試しができるので、売れやすいんですね。

 

さらには、脱毛で有名な某サロンでは、両ワキ+Vラインの初回お試しが、脱毛完了まで何度も通えて、なんと100円です。

そしてアフィリエイト報酬は、6850円(6月末までのキャンペーン中)という、さらに意味不明の報酬額になっています。

どうしてこのようなことが可能なのでしょうか?

すでにあなたはお分かりのように、例えば、先の青汁であれば

1週間分を飲んだだけでは、お客さまにとって、この商品の価値を十分に受け取ったことにならないことにあります。

つまり、お試しした青汁が、意外と美味しかったと感じたり、健康にも良さそうだと継続して購入しようと思ってくれれば、通常価格の正規品を販売できるわけです。

もちろん、特別な理由がない限り、その先もずっと継続して買ってくれるでしょう。1回購入して満足するものでは無いからです。

その時に、たとえ継続購入にいたらなくても、販売会社とお客さまとの接点ができたので、今後商品のご案内や新たなキャンペーンのお知らせが直接できるようになるのです。

だからこそ、アフィリエイターにそれだけの報酬額を渡したとしても余りあるメリットが有るのです。

脱毛サロンは、きっとワキの手入れに満足したお客様にこう言うでしょう。

「ヒザ下や背中はどうされますか?今ならお得に受けられますよ」と。

これで売上は2,3万くらいになりますし、場合によっては全身脱毛まで頼

むお客様もいらっしゃるでしょうから、大きなメリットがあるのです。

 

報酬の高さは、アフィリエイターにとってとくに重視すべき点です。

1件100円のアフィリ報酬と1件1000円のアフィリ報酬であれば、

前者が1000円稼ぐためには、同じ成約率なら10倍のアクセスとそこからくるクリックを集めなければ達成しません。

サイトや記事の作成の労力がほぼ同じなら、間違いなく単価が高いほうが有利ですよね。

しかしアフィリエイト報酬が同じ1000円でも、販売する商品が10000円なら、やっぱり価格的に販売しにくくなるかと思います。

なので是非 広告を選ぶ際は、この販売価格と報酬率のバランスをよく見て検討していただきたいと思います。

アフィリエイター以外のライバルが少ない

これは、どういうことかといいますと、

例えば、先日こんな質問を受けました。電子コミックのジャンルで大人コミック(エッチ漫画)と通常のコミックどちらをやるほうがいいですか?

私は、大人コミック(エッチ漫画)が生理的に合わないとかの理由がない限り、大人コミック(エッチ漫画)のほうが販売しやすいので、そちらをやるべきと思っています。

スマホアフィリでは、大人コミック(エッチ漫画)が稼ぎやすいからライバルが多いのでは?と聞かれますが、アフィリエイターのライバルよりも、それ以外のライバルの方を意識すべきです。

通常のコミックは、書店で普通に買うことができます。

もちろん大人コミック(エッチ漫画)だって書店で買うことができますが、

恥ずかしくて買えないというニーズにおいて書店には優っています。

忙しいけど手軽に読みたいとか、家に置く場所がないというニーズでいえば、漫画喫茶(ネットカフェ)もライバルになるわけです。

普通でも売っているけど、ネットで販売していると便利な商品やサービス

もしくはネットだけでしか手に入らない商品やサービスは狙い目です。

通常でも人気商品なのにネット限定のキャンペーンや商品のバリエーションがもしあれば、実店舗での販売のライバルが居ないということになるのです。

この話をすると決まって、こんなことを心配する人がいます。

広告主が、テレビCMや新聞・雑誌などの広告、折込チラシなどを積極的に使うようになったら、直販分が増えて我々アフィリエイターにとって脅威ではないですか?と。

実際、成果報酬型であるアフィリエイト広告から知名度や資本力を蓄えて、テレビCMで大々的に宣伝を始めるサービスもあったリしますが

答えは全く逆です。

CMなどで、その商品やサービスが露出すればするほど、私達アフィリエイターは紹介しやすくなると思いませんか?

今まで認知されていなかったものをネット上でSEOだけで広めようとしていたのを、広告主が自分でお金を出して露出を上げてくれているのですからチャンスです。

実際、広告主側もCMは、印象や興味をもってもらうことが中心で、お客さんが店頭で手にとってもらったり、ネットで調べて購買に結びつける手法に、もう随分昔からなっています。ご丁寧に検索窓が出て「WEBでチェック」とか言ってますよね。

これ実は、この後の 3.マーケットが大きく成長している に続く話なのですが、それだけ大々的に広告をうつことができるということは、市場規模が大きく広告の予算がとれるということなのです。

ちょっと長くなってしまったので、続きはまた今度にしたいと思います。

矢印1日1回クリックをお願いします。
皆さんのクリックが励みになります。
矢印アフィリエイトブログランキング

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

原田陽平公式メールマガジン

mailmagazine
画像はクリックできます

このページの先頭へ