アフィリエイトはサイトの量産ではなく多店舗展開という考え方で

この前、お昼ご飯にと思って入ったファミリーレストランで
ふと気がついて手にとってみたパンフレットに書かれていたのは

フランチャイズで独立起業をしませんか?
というものでした。

そのカラー刷りの小さな紙に

楽しそうに仕事をしている人たちの姿と
働きがいとオーナーとして自分で稼いでいくという

素晴らしい未来が描写されていましたが

最後の方に書かれている
開業資金600万・・・

その他なんやかんやで、1000万近くかかるんだと
あらためて、実店舗をもって商売する大変さを感じました。

コンビニエンスストアなんかも
だいたい同じような感じではないでしょうか?

商売上手なオーナーさんなら、
バイトや店長を雇って何店舗か展開するらしいです。

2、3店舗くらい経営できるようになると
けっこう稼げるらしいです。

ほとんどの方は、1店舗を軌道に乗せるのが限界

それどころか、開業時の借金や店の運営
本部へのロイヤリティーで食うのがやっと・・・

人件費を抑えるために、昼は奥さん、
夜は旦那さんで24時間営業、、と

家族はバラバラ、休みも取れない

いかにも脱サラで起業した風の店長が
どんどんやつれていく姿を

よく見かけました。

そうでなくても
できたばかりのコンビニエンスストアが
空き物件になったり、居抜きで別の会社が入ったり

そこそこ大手のフランチャイザーが、お金や時間をかけて
十分リサーチしても、うまくいかない場合もありますから

一生のうち、たった一店舗作れるかどうかの
個人が、人生をかけて挑戦して失敗するときの

破壊力は、とてつもないものがありますよね。

そうやって考えると、アフィリエイトって
なんて簡単すぎるんだろうと

思ってしまうわけです。

前置きが、、 とてつもなく長くなってしまいました。

実際に出店してリサーチする

よくアフィリエイトでサイトやページの量産について
議論になったりしますけど

なんの役にも立ちそうもない薄っぺらいサイトを
それこそ何百も何千も作るのは別として

アフィリエイトを始めたばかりの人が
たった一つのサイトやブログで

何万も、何十万も稼ごうと思っているのに
違和感を覚えます。

そもそも、コストも手間もかかっていなければ
おそらくリサーチさえ、ちゃんとできていないので

そう簡単に稼げるようにはなりません。

リアルな店舗で言えば、

かかるコストも半端じゃないから
それこそ、立地や周辺の人口、交通量
ライバル店舗の動向など、時間とお金をかけて

徹底的にしらべて出店しますよね。

アフィリエイトサイトは、出店コストは
ほぼゼロに近いですし

お金をかけたとしても、サーバー代と
ドメイン代、サイト作成にツールや
記事を外注に頼んだとしても

恐ろしいほど低予算でスタートすることができます。

しかも、日々の管理が必要かと言われれば
出来上がりさえすれば、

たまにはメンテナンスも必要ですが
ほぼほったらかしで、延々と収益を生み出してくれるわけです。

であれば、ある程度リサーチができれば
どんどんサイトを作っていくべきだと思いませんか?

出店コストをほぼゼロで、あなたの好きな商品を
(好きでなくても売れる商品を)自由自在に販売するお店を

多店舗展開できるんです。

スーパーやコンビニエンスストアは
配送コストなんかも考えて

一つの地域に固まって出店していき
その範囲を広げていきますが

私たちは、商品も地域も時間もコストにも
縛られることなくお店を作り続けることができるのです。

ということは、仮に一切アクセスがこなくても
それほど大きな痛手にはならないので

どこにどうしたらアクセスが集まるのか?
どうしたら数万、数十万稼げるジャンルやキーワードを見つけられるか?

とか言っている間に、どんどんサイトを作っていったほうがいいんです。

お腹が空いている人が多くいるところで食べ物を売れ

もうどんな商売でもこれに限ります。

どんなに美味しい食べ物だって
さっきお腹いっぱいになるまで食べた人に

買っていただくことは難しいです。

オフィス街には、お昼時になると
お弁当の手売りをしている姿がよく見られますよね。

お腹が空いていて、それを満たすために
選択肢が少ない場合は

それこそ、あなたのブランドも店構えも必要ないんです。
(美味しくなかったら二度と買ってもらえないでしょうが・・・)

ただし、ネット上の広大な世界のなかに
どこに口を開けてくれているお腹を空かせたお客様がいるのか?

それを見つけることは、現実世界より難しいかもしれません。

むしろ、皆がそう思っているところ以外に
チャンスは無数に転がっています。

砂漠にコンビニを作れば、ひょっとしたら
商売が大繁盛になるかもしれませんが

実際に作る人はいないでしょう。

でも、ネット上ならなんの気兼ねなくつくることができますよね。

そんな感じで、サイトをいくつも作ってみませんか?

本日は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

矢口つかさ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

原田陽平公式メールマガジン

mailmagazine
画像はクリックできます

このページの先頭へ