サイトデザインも顧客心理を考える

応援してもらえると嬉しいです。
1日1クリックをお願いします。
矢印アフィリエイトブログランキング

 

インターネット上でサイトを作成して
アフィリエイトをするサイトアフィリエイトは

物やサービスを売るということにおいて
なんだか特殊な感じがしてしまいますが

意外と共通することは多いものです。

むしろ、当たり前にリアルな店舗がやっていることを
無視してしまったりすれば

報酬があがらないどころか
大きく信頼を失うことだってあります。

さて、SEOとかでアクセスをあげることばかり
考えていると

実際に検索してサイトの訪れてくれる
お客さんという『人』の存在を忘れてしまうことがあります。

たとえば、キーワードを気にしてしまうあまり
日本語として違和感を覚えてしまうような

文章では、やはりお客さんは読んでくれないわけです。

気持ちは分かります。

サイトタイトルや記事タイトル、小見出しなど
目一杯キーワードを詰め込めば、Googleに評価してもらえるかも…

しかし、キーワードを羅列したような変なタイトルの記事を
私だったら、読んでみようかな…とは思いません。

だからこそ、自然にキーワードも使いながら
お客様に興味を持ってもらうフレーズが必要になります。

先回は、そんなお話でした。

今日は、文章だけではなくて、サイトのデザインについて
お客さん目線でつくる簡単なコツを書きたいと思います。

前述したように、サイトの訪れるのは『人』ですので
基本的には、リアルな店舗で普通に行われていることは

サイトアフィリエイトにも通用します。

逆に、ネット上は何でもできてしまうので
アフィリエイターのエゴがでてしまうことがあって

実は損しているかも、、ということが結構あるんですよね。

例えば、、サイトのテンプレートでも
または、ブログのテンプレートでも何でも結構なのですが

ヘッダーのデザインも全体の色目も自由にカスタマイズできたりします。

自由に何でもできると、なるべく個性的にしたくなります。

例えば、ボタンのデザインですが
昔から、赤い色が成約率が高いと言われています。

非常ボタンの色も赤色なのは
遠くからでもすぐにでも視認できるということもありますし

実際に押すべき時に、ためらわず押す効果があるそうです。
もちろん、ついイタズラで押してしまいたくなる

そんな困った人もいるかもしれませんが。

最近では、緑色のボタンも効果が高いそうです。
緑色は、信頼性と安心感を与えるからだそうです。

そうやって上位に表示されているサイトは
たいていこの基本を押さえています。

結局のところは、顧客心理は普遍的で
『人』が大事である証拠ですよね。

また、例えばサイト全体の色も

男性向けなら、信頼性と理性に訴える青系等の色を基調に
女性向けなら、感性と安心感を与えるピンクを基調にするなど

色によって与える印象も基本的には同じです。

また青や水色は清潔感を与えますし、黄色はお買い得感
黒やグレーは、大人っぽさや高級感を与えます。

お店によくあるPOPですが、、

特売のPOPの色は黄色が多いですよね?

色が人に与える心理的影響は同じなのです。

ちなみにPOPの文字は、なぜあのように独特な
デザインなのか知っていますか?

実は、あれは文字や数字を図形化しているのです。

つまり、、値段の表示は価格訴求のために
必要不可欠ですが、、

逆に値段を提示されるということは
人によっては売り込まれている、買わされるという
心理が働いてしまいます。

そこで、数字を図形化することで
理性で判断する左脳ではなく

感性で判断する右脳に響くように
あのように表示されているのですね。

また、図形化することで
遠くからも視認することができます。

サイトアフィリに、これをどのように応用するか?
一度考えて見てください。

当たり前のことが意外な効果を生み出すことも
あるかもしれませんよ。

 


矢印1日1回クリックをお願いします。
皆さんのクリックが励みになります。
矢印アフィリエイトブログランキング

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

原田陽平公式メールマガジン

mailmagazine
画像はクリックできます

このページの先頭へ