強い言葉でサイト訪問者に印象を残す方法

応援してもらえると嬉しいです。
1日1クリックをお願いします。
矢印アフィリエイトブログランキング

 

先回の記事では、サイト訪問者に

いかに自分に関係あると思ってもらうか?

ということでターゲット(読み手)に対して
投げかけをするという方法をお伝えしました。

今回はその続きです。

できるだけ強い言葉を使う

言葉には強い言葉と弱い言葉があります。

強いとはどういうことかと言えば

「印象に残る」
「心に刺さる」
「行動したくなる」

そんな言葉です。

逆に弱い言葉とは

「ありきたりな」
「普通の」
「心に残らない」

言葉といえるでしょう。

さて、強い言葉と言っても

いたずらに恐怖を与えたり
不安に陥れたり、急かしたりする言葉とは
限りません。

むしろ、そのような言葉を使いすぎれば
信頼性を大きく損ねてしまうことになりかねません。

短期間の一発勝負を狙うなら
そのような使いかたも良いとは思いますが

長い時間をかけて、コツコツと
アクセスを集めるサイトアフィリエイトには
むいていません。

では、どのように考えればいいのでしょうか?

抽象的な表現を具体的にする

『つけ心地が良い新感覚の化粧水』

いかにも販売ページに書かれている文章ですが

自分の記事を書くときに、販売ページをリサーチしたまま
このようなキャッチフレーズを使用する方が多くいます。

残念なことに、サイトに訪問するお客様は
このような表現には慣れています。

それくらい、世の中には
キャッチコピーやありきたりな宣伝文句にあふれていて

印象には残りません。

この例で言えば、そんな新感覚のつけ心地を体感してみたいな

と思ってもらわなければ、素通りしてしまいます。

→『使っているそばからグングンお肌に浸透するのが実感できる』
→『お肌に吸い込まれるようにスーッとなじんで消えていく化粧水』

という風に、新感覚とはどのような感覚なのかを具体的にすると
印象深くなります。

また、『グングン』のような繰り返し言葉は
情景や感覚を想起しやすいので

相手に印象を残すことができます。

他にも
『さんさんと照りつける太陽からの紫外線』
『カサカサの肌がすべすべになる』
『さくさくと検索できる』

みたいな表現ですね。
また、『スーッと』のような臨場感を表す言葉も
効果的です。

食品や外食業界では「シズル感」といって
鮮度や美味しさなど五感を刺激する表現方法を言いますが

言葉でそれを表現することもできるのです。

『ひんやり』『ジューシー』『じんわりと』

のような言葉です。
抽象的な表現を数字や具体例に置き換えるのも有効です。

『多くの雑誌で紹介』

よりも

『an an やオレンジページなどで紹介』

のほうが、具体的ですし、何よりキーワードが自然に増えますね。
『豊富な』→『32種類の』
『迅速な対応』→『当日中に必ずお返事』
『新鮮な』→『製造から3日以内』

なるべく具体的にできないかを考えるわけです。

誰しも使いそうな一般的表現は避ける

これは、少しだけ使い方に注意が必要です。
なぜなら、一般的表現は、検索されるボリュームが大きいからです。

使いどころを間違えたり、すべての表現を
切り替えてしまうことは

SEO的にも得策ではないので
バランスやここぞというところに

効果的に使って欲しいですね。

どういったところに使うかといえば
やはり、記事の読み始めの部分

もしくは広告に誘導する前後などです。
さて、一般的表現から少し離れた言葉を探すには
一つの方法として類語辞典などを使います。

『豊富な』を調べてみると50以上の表現が出てきます。

またもうひとつは、雑誌やテレビ、新聞などで
別の業界やジャンルで使われている方法を

あえて使ってみるという方法もあります。

『お肌のハリを取り戻す方法』

といったフレーズもありがちですが、、

『お肌のV字回復を助ける方法』
『お肌のハリを取り戻す魔法』

みたいにすると目にとまるような
強い印象をあたえることができるようになります。
参考にしてみてくださいね。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 


矢印1日1回クリックをお願いします。
皆さんのクリックが励みになります。
矢印アフィリエイトブログランキング

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

原田陽平公式メールマガジン

mailmagazine
画像はクリックできます

このページの先頭へ