A8フェスティバルに行ってきました!

先々週の話なのでいまさら感がありますが、
社長にA8フェスティバルのことを話したら

 

「ブログのネタにしなよ!」

 

といわれてしまったので、
急遽思い出しながら書くことにしました。

 

といってももともとレビューするつもりはなかったので、
あくまで思い出しレビューということでご容赦ください。

 

A8フェスティバルとは

一応・・・
A8フェスティバルについて簡単に説明しますと、
年に2回、大手ASPである「A8net」が主催する
一大アフィリエイトイベントです。

 

 

実際の商品を手に取ったり、
実際に商品を試食・試飲したり、
おいてある商品の写真を撮ったり

 

 

広告主に直接質問ができたり、
サンプルなどののお土産をもらえたり、
ちょっとお得な話が聞けたりします。

 

お得な話・・・と、いっても、
当然ながらといいますか、

 

聞けば即稼げるようになるとか
秘密の裏情報が手に入るとか、
そういったモノではありません。

 

お得な情報なんていっても、
期限付き特単がでるとか、
アクセスを集めやすいキーワードを教えるとか、
お客さんが求める商品メリットとか、
そんなもんです。

 

まあ、重要な話ではありますが

 

目的

あとは、目的意識を持っていかないと、
何も得るものもないかもしれません。

ぼくも今回はどんなもんかと、
様子見に冷やかしに行っただけなので、
あんまり得るものという得るものは得られませんでした。

 

一周してお土産もらって
くじを引いて帰ってきただけなので、
もったいないっちゃもったいないですね。

 

ちなみにもらったお土産は

・A8水
・コップのふち子さん ナースバージョン
・するるのおめぐ実 ダイエットサプリ
・桃花スリム(A8くじ景品)

 

です。

 

くじははずれがせんべい
あたりが広告主景品です。

 

あんまり見てなかったけど
特賞みたいなのもあった気もしますね。

 

するるのおめぐ実と桃花スリムは
せっかくだからアフィリたいなと思ってるのですが、
ちょっとまだ先になりそうです。

 
A801
 

さて、いちおうこのあたりで
アフィリ話と絡めて行きます。

 

この件でぼくが学んだ教訓は
「リサーチの大切さ」
「目的意識を持つこと」です。
まずはリサーチから。

 

リサーチの大切さ

今回A8フェスティバルには、
とりあえず行ってみればいいか!
って感じで出て行ったので、

どこが出展するとか、
どんな出し物があるとか、
まったく調べていませんでした。

 

そのため行き当たりばったりで
ぷらぷら回ってみたものの、

 

それぞれ深くは見れずに、
質問らしい質問もせずに
途中で面倒くさくなって帰ってしまいました。

 

たとえばこれでしっかりリサーチをしていれば、
今扱ってる商品のブースに真っ先に行って、
事前にまとめた質問表を持って、
広告主さんを質問攻めしていたはずです。

 

アフィリエイトも同じで、
事前にリサーチをしてないと、
まずまともなことはかけません。

 

上っ面だけ書いても信用感に欠けてしまいますからね。
次に目的です。

 

記事を書く目的は?

ぼくとりあえず見て回って
何か得るものがあればいいやと思って行ったのですが、

 

とくに何も決めていかなかったので、
何も得ることはできませんでした。
アフィリエイトもおなじで、
何の目的もなく文章を書いていっても、
報酬につながることはまずありません。

 

アフィリエイトの目的は
商品を購入してもらうことなのにもかかわらず、

 

目的を持たずに記事を書き始めたりすると、

 

商品の紹介がないがしろだったり、
関係ない話ばかり書いてみたり、
あれもこれもと詰め込んだりして

 

あちこちふらふらしてしまって、
目的を見失ってしまう方も多いです。
ぼくもしっかり目的をもって参加をしていれば、

 

商品を購入する主な客層や
購入されやすいキーワード、
商品のおススメポイントや、
お客さんの声など、

 

さまざまなことを聞けたはずです。

 

適当に参加してしまったがために、
なにも質問できずに、
すごすごと帰ってきてしまったわけです。

 

これでは同じことに同じ時間を使うにしても、
充実度がぜんぜん変わってきますね。

 

というわけで、
A8フェスティバルに行く人は、
リサーチを欠かさず、
目的を持って参加するようにしてくださいね!

 


アフィリエイト大百科は今何位
矢印アフィリエイトブログランキング

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

原田陽平公式メールマガジン

mailmagazine
画像はクリックできます

このページの先頭へ