アフィリエイトサイト=ユーザーのもの

応援してもらえると嬉しいです。
1日1クリックをお願いします。
矢印アフィリエイトブログランキング

 

これまで行ってきたアフィリエイトスクールの会員さんや
塾生さんたちからよく聞かれることで多いのが、
下記のような質問です。

 

・稼いでいる広告が知りたい

・どのジャンルが一番稼げるか

・1記事の文字数は何文字必要か

・1サイトは10記事無くても良いのか

この様な質問は非常に多いです。

 

この質問からわかることは、

「簡単に稼ぎたい」「楽して稼ぎたい」

この様に思っている人が多いということです。

 

初報酬が上がるまで

 

少し自分の体験談をお伝えします。

今の自分は、運営しているスクールのサポートを行ったり
セミナー講師としてセミナーを行うこともあります。

しかし、原田の会社へ入社し
アフィリエイトに取り組み初めてから
初報酬が上がるまでは半年以上かかりました。

アフィリエイトという言葉も知らずに飛び込んだ世界で
「初報酬」を得るまでに、半年以上かかったのです。

しかも、半年かかったにも関わらず、
上がった報酬はたったの315円でした(苦笑)

会社には多大な迷惑をかけましたが、
自分の作成したコンテンツから初報酬が上がったときは
とにかく嬉しかったことを今でも鮮明に覚えています。

自分にとってはとても大きな「315円」だったのです。

 

苦悩と葛藤

 

ちなみに私の場合、初報酬は当時運営していた
crooz blogというブログからでした。

ブログは独自ドメインで作成するサイトと違い、
SEO対策は基本的に更新することになるので
毎日記事を書き続けたことを覚えています。

しかしいくつ書いても全く報われないため、
ただただ仕事だからと自分に言い聞かせ
苦悩し葛藤し続ける日々でした。

それまでいくつものブログやサイトを作成しましたが
一切成果につながることは無く、

自分は才能がないから成果が出ないのかな?と思い
自分の不甲斐なさに嫌気が差す毎日でした。

 

なぜ報酬につながったのか

 

もう5年以上前の話になりますが、
初報酬が上がった広告は今も忘れはしません。

当時流行っていた占いの広告で
「バラート・クラーラ」というものがあり、
ここから報酬が上がりました。

初報酬が上がった後からは、
毎回書く記事にはアクセスが集まり始め
半年~7ヶ月目にかけて、ブログから報酬が
どんどん上がるようになりました。

最終的に、安定して月10万円くらいを稼ぐブログに
育ったと思います。

 

ではなぜ報酬につながったのか?

それは、自分で意識して、記事内容をユーザーへ向けて
書くようにしたのです。

つまり、それまでは一人よがりで自己満足だった記事内容を
ユーザー目線に立って書くようにしました。

これがアフィリエイトを行って行く上で
一番重要だということに気づいたことにより、
ブレイクスルーが起きたのです。

稼げない時代には全くわからなかったことが
初報酬が上がったことで気づくことができました。

結局、自己満足は何も生まないということです。

 

■お客さんに満足してもらうサイトを作る

 

アフィリエイトサイト(ブログ)=ユーザーのためのもの

アフィリエイトはこの一言につきます。

極端な話、我々アフィリエイターの気持ちはどうでもよいのです。

 

全てはユーザーのためにサイトを作成します。

サイトの中では十分な情報を提供し満足度を高める、
もしくはその商品やサービスを購入することで
得られるメリットをしっかりと伝えることができれば
広告へ誘導することも可能になります。

そのジャンルの記事を書くのが得意・不得意は関係ありません。

苦手なジャンルでも自分が知らないジャンルでも
ユーザーが求めている限り情報を提供し続ける、
それがアフィリエイターの役割になります。

もしあなたが未だに1記事あたりの文字数や
サイトのページ数を気にしているのであれば、
その考えは捨ててしまいましょう。

そんなことを考えているうちは
まだユーザー視点に立てていない証拠です。

本気でユーザーのことを考えるのであれば
どんな苦手なジャンルでも、全く知らない広告でも
関係なくサイト作成を行うことができるのです。

これからは、ユーザーのことを考えて
アフィリエイトサイト作りを行っていきましょう。

 


矢印1日1回クリックをお願いします。
皆さんのクリックが励みになります。
矢印アフィリエイトブログランキング

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

原田陽平公式メールマガジン

mailmagazine
画像はクリックできます

このページの先頭へ