チャンスを掴めない人の悪習慣

チャンスを掴むことが出来ない人には共通点があります。今回は、チャンスを掴めない人の悪習慣とはどんなものかについてお伝えします。

 

やる気スイッチ

 

迷っているうちに失うチャンス…

少し前なら、簡単に手に入ったようなチャンスが、
時間が経つと手に入らなくなってしまうことは
よくあります。

それは物だけではなくお金やビジネスチャンスや
恋愛のチャンスなどもそうです。

躊躇している間に気がついたら
そのチャンスがなくなってしまうのです。

多くの人はどうしようか迷っていて、迷っている
間にチャンスを失ってしまいます。

物であれば限定品がわかりやすい例だと思います。

セミナーや塾などもそうですし、洋服なども
数が決まっているので、売り切れたら自分は買えなくなります。

買い物以外でもそうです。

人生を大きく変えるような決断をするときにも、
悩んで躊躇していると、そのチャンスは遠く離れて
しまうわけです。

そのチャンスがいつまでもあるわけではないのです。

 

行動しないことによるリスクとは

行動しなかった人は、後で後悔してしまうわけですが、
それが何度も続くことで段々、選択肢もなくなってきます。

基本的にビジネスも勉強も恋愛も時間が経てば
経つほど不利になっていきます。

例えばビジネスは、いち早く実行したほうが
先行者利益を大きく得られますし、年齢が若い方が
勉強にも集中力があってはかどります。

若い人のほうが恋愛面でも、たくさんの異性の
中から選べるわけで、選択肢が全然違ってきます。

ですのでチャンスの時期というのは
見逃してはなりません。

行動したことによる失敗のリスクもありますが
行動しなかったことによるリスクのほうがたいてい
大きいからです。

そのため、迷ったときには基本的には行動する
という価値観を持っておくと良いです。

そして、決断や行動を遅らせる価値観は基本的に
チャンスを失うと思っておいたほうが良いですね。

周りはどんどんと変化していくものですから
何事も手に入る機会はそれほどないと思っておくべきでしょう。

原田陽平

 

アフィリエイト大百科は今何位
アフィリエイトブログランキング

line@
今すぐスマホでクリック
たった2クリックで登録完了です!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

原田陽平公式メールマガジン

mailmagazine
画像はクリックできます

このページの先頭へ