つまらないところで運を使ってしまいました!

ixy_20131220_23

先週の土曜日に社長のセミナーがあって、
お手伝いをしてしていました。

途中でのどが渇いたなと思って
ジュースを買いに部屋の外に出て、

会場内にある自販機でジュースを買って、
戻ろうとした瞬間。

「111…1」!

よく見ると4桁の数字がそろっています。
買うまで気にも留めていなかったのですが、
どうやら当たり付き自販機だったようです。

30歳を目前にしての初めての経験だったので、
少しテンパってしまいました。
なんだかつまらないところで
運を使ってしまった気がしなくもないですが、
お給料日前だったのでうれしかったですね。

きっとまたそこに行ったらその自販機から買うと思います。

好意の返報性というやつです。
というわけで、今回は好意の返報性についてお話ししたいと思います。

 

 

好意の返報性

「ああまた好意の返報性の話か」

って思いましたか?

いろんなところで言われてるので、
いい加減聞き飽きてる人も多いと思います。
実を言うと僕もこの話は好きではありません。
この言葉を聞くだけでもうんざりします。
ですが…

よく聞く話であっても、
意識して使いこなせてる人はほとんどいません。
しかし、実はこれこそが商売の本質ではないかと思います。

あなたが思っている以上に
「好意の返報性」は強い威力を持っています。

うまく使って、売り上げを上げていきましょう!

 

罪悪感

人は受け取るだけで
何もお返しをしない人に対して嫌悪感を抱きますし

返さないことに対しても罪悪感を抱きます。
まあ…なかには貰いっぱなしで何も返ってこない人もいますが、
そういう人が一定数いるのは仕方ありません。

形のあるものであれ、ないものであれ、

たいていの人は何か貰ったら、
何かしらの形で返したいと思うはずです。

結果として商品を買わなかったとしても
好意をもって接して、好意をわかってもらえれば、
マイナスにはなりません。
買わなかったことに罪悪感を覚えて、
後日買いに来てくれる可能性だってあります。

これだけみてもやらないよりはやったほうがいいのです。

 

好意を伝える

対面ならわかりやすいですね。
好意を伝える方法はごまんとあります。

ですが、アフィリエイト記事で伝えるとなると、
手段は限定されてきます。

表情や身振り手振りは伝わりませんし、
おまけをつけることもできませんし、
当たりが出たらもう一本ということもできません。

文章だけで好意を伝える必要があるわけです。

 

相手のメリットを考える

ですが、ストレートに、
「あなたのためを思って」とか
恩着せがましい言い方するのはよくありません。

押しつけられるとはねのけたくなるのが人間の心理です。
恋愛の話でいえば、
散々尽くしたのに報われなかったという話をよく聞きますが、

おしつけがましかったり、
下心が見えてたりすると、
あんまりうまくいきません。
あくまでも相手のメリットを考えなければ、
独りよがりでしかないのです。

 

好かれなければ商売にならない

恋愛とビジネスは似てるといいますが、
それはその通りだと思います。

好いてもらわなければ恋愛になりませんし、
好いてもらわなければ商売にならないのです。
意図せず貰ってしまった一本のジュースによって、
僕はダイドーさんのファンになってしまいました。

今まで通り過ぎていた自販機も
気になって確認してしまうかもしれません。
お客さんの顔は見えませんし、
1度きりかもしれませんが、
相手は人間です。

商品を買ってもらうために
人に好かれるような商売をしましょう!

 

人生を変えたい方、アフィリエイトを教えてくれる先生を見つけたい方は、ぜひ原田のセミナーへ参加してみることをお勧めします。

⇒ 原田陽平の無料アフィリエイトセミナーへ参加する

 


矢印1日1回クリックをお願いします。
皆さんのクリックが励みになります。
矢印アフィリエイトブログランキング

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

原田陽平公式メールマガジン

mailmagazine
画像はクリックできます

このページの先頭へ