バックリンクの効果はありますか?

「バックリンクって効果はあるんですか?」「被リンクを送るのはまだ有効な手法なんでしょうか?」と言う質問を最近よくいただくようになりました。そこで今回は、バックリンクに関しての話をしていきたいと思います。

 

やる気スイッチ

 

検索エンジンは日々進化を遂げています。

そのためここ最近はとにかくメインサイトの
コンテンツが大事だと言われています。

いわゆる「ユーザーに読ませる文章」が
しっかり存在しているメインサイトが
上位表示されていることが多いのです。

現在はメインサイトのコンテンツの質が
順位を決定するための一番重要な
要素であると言っても過言ではありません。

 
そのため、昔からアフィリエイトを
行っている弊社の会員さんから、

バックリンクはまだ効果がありますか?

という質問をよく頂くようになりました。

 
確かにこれまではバックリンクを送る事で
上位表示されることが多かったため、
突然「コンテンツが重要だ」と言われても
中々ピンと来ない人も多いと思います。

そこで今回は、
現在もまだバックリンクが有効か否か
ということに関してお伝えしていきます。

 

大量のバックリンクが上位表示につながる

これは少し前の話になりますが、
大量にバックリンクを送るだけで
メインサイトが上位表示された時代が
ありました。

この時はまずメインサイトを作成し、
そこへ一気に100本、200本と大量の
バックリンクを送ることで、
メインサイトが上位表示されたのです。

その後は少しペースをゆるめつつも
数多くのリンクを送っていくことで
サイトが上位表示されていきました。

信じられないかもしれませんが、
この時代はメインサイトのコンテンツが
あまり大したことなかったとしても、

バックリンクの力だけで
本当にサイトが上位表示されたのです。

 
これは検索エンジンが発展途上、
つまり現在のように
まだ進化を遂げていなかったため、

メインサイトのコンテンツではなく
被リンクの本数でサイトの順位が
決定していたのです。

「アフィリエイト=サイト量産」

アフィリエイトに対して
このようなイメージを持っている人は、
このサイト量産時代にアフィリエイトを
始めた方だと思います。

 

これは私の個人的な経験ですが、
この時は社員総出で1日に何百サイトも
サテライトサイトを作り、

月間1万サイトを目標に
毎日の作業を行っていたことを
今でも鮮明に思い出します(苦笑)

しかもサテライトサイトの内容は
俗に言う「ペラサイト」くらいで良く、
内容も他のサイトと似通っていても
あまり問題ではありませんでした。

※ここで言うペラサイトとは、
記事数は1~2記事程度で文字数も少ない
簡易的なサイトのことを指します。

 

今現在このやり方では通用しないと
思いますが、昔は「量産すれば稼げた」
という時代があったのです。

このことからも、バックリンクの本数が
いかに重要であったかを
わかってもらえたと思います。

 

バックリンクの数からコンテンツの時代へ

しかし最近は検索エンジンの進化に伴い、
メインサイトのコンテンツが
とにかく重要視される時代になりました。

コンテンツがないサイトは
上位表示されないので、
サイトの質がとても重要になります。

もし現在、以前通用していたように
大量のリンクを送るとどうなるかというと
ほぼ確実にペナルティを受けて
そのサイトは圏外に飛ばされます。

もし一瞬上位表示されたとしても
いずれ検知され、飛ばされていきます。

 
現在の検索エンジンはとにかく優秀です。

こちらで行っていることは
全てバレていると思って作業を行うくらいが
調度良いくらいかもしれません。

そのため何事においてもやり過ぎを避け、
できる限りリスクを最小限に抑えて
作業を行っていくことをお勧めします。

 

バックリンクのリスクを最小限に抑える方法とは

では、

バックリンクはもう有効では無いのか?

と言えば、そんなことはないと思います。

今でもやり方次第では
十分に効果を発揮してくれることも
多々あることでしょう。

現在は、「やり方」が重要になるのです。

 
本当に効果がある
バックリンクサイトを作る場合、
質を持たせてあげる必要があります。

バックリンクサイトにおける質とは
ページ数や文字数がしっかりとあり、

また記事内容はメインサイトと関連し
補足しているような内容であることです。

このようなサイトから送るリンクであれば、
検索エンジンから検知されるリスクを
最小限に抑えることができると言っても
良いと思います。

リスクを最小限に抑えるためには
リンク元に注意する必要があるのです。

 
これからは以前のように、
ただやみくもにサイトを作りたくさんの
リンクを送れば良いというわけでは
ありません。

リスクを抑え、更にバックリンクに
効果を持たせるのであれば、
少しでも質の高いバックリンクサイトが
必要になります。

質の高いバックリンクサイトを作ることで
検知されたとしても、圏外へ飛ばされる
可能性が低くなります。

また、質の高いサイトからのリンクには
価値があるので、少ないリンク数でも
メインサイトは上位表示される可能性が
上がってくるのです。

今後更に検索エンジンが進化すれば
また状況は変化します。

しかし、現状やり方を間違えなければ
まだバックリンクを有効的に
活用することは可能だと考えています。

 

アフィリエイト大百科は今何位
矢印アフィリエイトブログランキング

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

原田陽平公式メールマガジン

mailmagazine
画像はクリックできます

このページの先頭へ