アフィリエイトで稼ぐためのバランスの取り方とは?

もし、今までや、そして今でも
アフィリエイトで上手くいっていないようなら

こんな視点で考えてみてください。

 


原田陽平公式メールマガジンの登録はこちら
アフィリと釣りは似ている

 

すべてのことに全力投球することは
見方によっては素晴らしいですが

普通の人は疲れてしまいますし
大抵の場合は、うまくいきません。

力を入れるべき場所、力を入れるべき時というものがあります。

よくバランスが大事だと言われますが
結構間違えた解釈してしまう人もいて

バランスが良い=すべて均等にすること

では無いということです。

それでは、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

よく例えられるのは、魚釣りです。

釣果のカギを握るのは、

場所 50%
えさ 30%
釣竿 10%
漁法 10%

というように、
場所とえさでほとんど決まると言われています。

つまりどんなに高級な釣り竿をもっていても
魚を釣るための腕があったとしても

釣り場所を間違えたり
釣りたい魚のえさを間違えたら

魚を釣ることはできません。

アフィリエイトで言えば

場所 = テーマ・広告・切り口・ターゲット

えさ = キーワード

釣竿 = 記事

漁法 = SEO(デザイン含む)

といえるのではないでしょうか?

もちろん、どれが欠けても
稼ぐことはできませんが、

いくら良い記事を書いても
キレイなサイトを作って、SEOを施したとしても

報酬の上がりにくい市場で
見当はずれなキーワードを使って

アフィリエイトをしていても
なかなか成果が上がらないのです。

しかし、そういう人に限って
一つのサイトの記事の作成に時間や労力をかけ過ぎたり

ヘッダー画像をイラストレーターで綺麗に作ったり
ツールやテンプレートで見栄えの良いサイトを

一所懸命に作ったりしています。

それが趣味の範囲なら良いですが
生計を立てようと思うなら

バランスを考えないといけません。

アフィリエイト初心者の多くが最も軽視しがちなこと

それが、広告の選定、テーマの設定、ターゲットの設定です。
とくにテーマの設定、ターゲットの設定は、

どんな切り口でサイトを作っていくのか というアイデアが
今後、そのサイトにアクセスが集まり、収益化していくかの

大切なポイントになります。

キーワードも大切ですが、この部分が決まらないと
意味がありません。

釣りたい魚が決まってないのに
釣りたい場所も決まってないのに

餌を選ぶことはできませんよね。

ちなみに、時間や労力をかければ良いというわけでもありません。

アフィリエイトに熟練してくれば、
今までに培われた経験や勘で、この部分は

あまり時間はかからなくなるでしょう。

だからこそ、道具ややり方にとことん
こだわって時間もお金もかけていって良いんです。

しかし、アフィリエイトを初めて間もない方が
この部分に、あまり時間をかけ過ぎるのはナンセンスです。

アフィリエイトは下手だからこそ数を打つ

実際には、釣れる場所を見つけるのは
上級者であっても難しいのです。

調べたり、人に聞いたりして
リサーチした上で、

「糸を垂らしてみなければ分からない」

ということだと思います。

アフィリエイトも同じで、
テーマやターゲットに関して十分にリサーチをしたあとは

下手でもいいから記事を書き、
野暮なデザインのサイトでもまずは作って

サーバーにアップロードすることです。

そして、実際にそこにお客さんがいるのかどうか
餌であるキーワードに反応してくれるか見るわけです。

これは、自分の頭のなかの知識や経験だけを便りに
いくら考えてもうまくいきません。

たくさんの糸を垂らせば、魚群を見つけることができるかもしれません。
もしくは、こまめにポイントをズラすことも大切でしょう。

アフィリエイトでサイトを一定量を作り続けるのは
こういうことを言うのです。

1つのサイトの作成に、1ヶ月も2ヶ月も丹精込めて作っていても
運が悪ければ、ずっと稼げないままです。

しかし、たくさんの糸をたらすことで
魚群や釣れるポイントが見つかれば

それを上手に効率よく釣り上げる方法を
いろいろと工夫することで、釣果をあげることができますよね。

記事を書くことで手が止まるくらいなら外注へ

アフィリエイトの記事は、上手に越したことはありません。

自分で、苦労して書くことで、良い記事もかけるようになるでしょう。

しかし、なかなか書けなくて手が止まるくらいなら
思い切って外注に記事作成をお願いしましょう。

失礼ながらアフィリエイトを始めたばかりのあなたの記事より
外注さんの記事のほうが、いくらかマシでしょう。

それよりも、記事が書けなくて、うんうん唸りながら
パソコンの前で、時間を過ぎるのを待っていたり

YouTubeやSNSを見てしまって、気がついたら
もう寝る時間・・・そんな無駄な時間をなくさなければいけません。

形のあるものより、無いもののほうが大事

記事作成や、サイトデザインに力を入れすぎてしまうのは
作業をした結果が見えやすいのが原因の一つかもしれません。

サイトを作成しても報酬がなかなか出ないわけですから
自分の時間と労力の成果を測ることができるのは

できあがった記事であり、サイトという実体のあるものに
なってしまいがちになるのは仕方ありません。

さらにバランスよく作業を自分の力だけで
やらなければいけないという思い込みから

まじめな人ほど、形にしやすいものばかりに
全力投球で、目に見えない部分に気が付かないか

そこをやろうとすると力尽きてしまったりしています。

ですから、今一度、自分が何に気をつけて
どういったことに力を入れているかを

ゆっくりと考えてみてください。

今日の話が、あなたの成果につながれば
これほど嬉しいことはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

矢口 つかさ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

原田陽平公式メールマガジン

mailmagazine
画像はクリックできます

このページの先頭へ