メンターからもらった大切な言葉

応援してもらえると嬉しいです。
1日1クリックをお願いします。
矢印アフィリエイトブログランキング

 

もしあなたが、

「これからアフィリエイトを始めて稼いでいこう」

と考えている場合、まず最初に何をしますか?

 

線

●時間を作るために思い切って会社を辞める

●稼ぐために良い商材を見つける

●作業するために部屋を整理する

●作業スピードを上げるためにパソコンを購入する

線

 

これらはごく一部でしかありませんが、
初めてアフィリエイトを行っていくのであれば
やるべきことはたくさんあります。

 

稼ぐために必要なもの

 

やるべきことをいろいろと上げてきた中で、
まず初めに必要になるものがあります。

これは初心者にも経験者にも必ず必要になります。

それは、メンターと呼ばれる存在です。

 

もし、

「何だ、メンターか。」

あなたが今この様に思ったのであれば、
きっとアフィリエイトで稼ぐことは難しいと思います。

なぜならメンターは、あなたの精神的支柱となり
成功へと導いてくれる存在であり、この存在なくして
稼ぐためのきっかけを手に入れることは困難なのです。

 

メンターは、わからないことを質問すれば
返答してくれるといった単純なことを行なう存在では
ありません。

わからないことがあるなら、調べればよいだけです。

現在はグーグルで検索すれば
何でも答えが出てくると言っても過言ではないくらい
検索エンジンは進化しています。

わからないことを質問するためにメンターがいるのではなく、
あなたを成功に導くためにメンターはいるのです。

実例を上げてお話します。

 

メンターからの教え

 

私にはメンターがいます。

これまでに何度も叱られましたし、
一度も認めてもらったことは無いと思います。

思い返してみても、褒められたことはほとんどなく、
むしろいつも注意され、叱られているイメージしか
頭にはありません(笑)

 

ではあなたに質問です。

あなたには叱ってくれる人がいますか?

今、自分を叱ってくれる人がいるのであれば
その人は自分にとって重要な存在であるということを
覚えておきましょう。

もちろん最初から頭ごなしに
何でも否定する人をメンターとは呼びません。

あくまでも、あなたのことを考えた上で叱ってくれる人が
重要であるということです。

 

例えば、会社の上司やビジネス仲間を想像してみてください。

あなたが失敗したとき、ミスをしたときに
それを注意してくれる人がいることは非常に重要です。

というのも、人間は1つのことに慣れてきた時点で、
「自分は出来る」と思ってしまう生き物です。

しかし、この様に思った時点で自分の成長は止まります。

ビジネスを行い成功したいのであれば、
日々の精進、そして周囲へ感謝が常に必要になります。

その成長が止まってしまうと、自分自身の成長、
そして会社の発展も止まることになります。

現に私の成長は止まっていました。

 

忘れられない言葉

 

私がメンターから言われた一言で
今でも忘れられない言葉があります。

 

それは、

「お前は出来ているつもりになってるんだろうけど
実際は何も出来てないからちゃんと考えて作業して」

という一言です。

これは忘れたくても忘れることができない
大変ショックを受けた言葉でした(苦笑)

自分では自身を持って行っていた作業なのですが、
周りからすると、全く評価に値しない
単なる自己満足の作業内容だったということです。

これを言われたときに自分が取る行動で、
成長するか否かが決まります。

というのも、これで嫌になって辞めてしまったり
もう真面目に作業をやらなくなったりするのは、
誰にでもできるのです。

この言葉を聞いたときに、
それを素直に受け入れてもう一度初心に帰り
今までやってきた作業を見直してみることで、
新たな成長へとつながります。

 

慢心になっていることに本人は気づかないものです。

私の場合、慢心になっていた自分を注意し叱ってくれる
メンターがいることで、新たな「気づき」が生まれました。

新たな「気づき」が生まれたことにより、
そこから新しい「学び」へとつながりました。

もしあなたの周囲にも、あなたに対して愛情を持って叱り
新しい気づきを与えてくれる人がいるのであれば、
その人は人生において、誰よりも重要な存在に成り得る
ということをことを覚えておきましょう。

 


矢印1日1回クリックをお願いします。
皆さんのクリックが励みになります。
矢印アフィリエイトブログランキング

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

原田陽平公式メールマガジン

mailmagazine
画像はクリックできます

このページの先頭へ