遅いだけで失格退場

ビジネスではスピードが重要だという事をお話しています。

 

原田陽平公式メールマガジンの登録はこちら
 

HIGA71_marumattakamesan

 

私の性格上、
物事を考えてから
行動するタイプなのですが、

もっとスピードを意識して
作業に取り組むべきだなと
思うようになりました。

どうしてかというと
「速さは全てを解決する」
という書籍を読んだからです。

冒頭に書かれてあったことは
日本人の仕事が遅い理由でした。

・作業ゴールが見えていない
・取り掛かりが遅い
・段取りが悪く、後手後手になる
・メール返信が遅い
・優柔不断

などなど

これらの理由すべてが
自分にピッタリ当てはまっていたので、
「このままじゃ、ヤバイな」と思ったわけです。

たった1つの「行動」が遅いだけで
たった1つの「作業」が遅いだけで
貧乏になってしまう。

つまり

「遅いだけで失格退場」

私だけでなく、
当ブログを読んでいるあなたも
これくらいの考え方を持って
毎日行動するようにしたほうがいいです。

『時間が経つほど完璧を求めてしまう』

作業の成果物の対して
時間を使いすぎてしまうと
より完璧なものを求めてしまいます。

「これだけ時間をかけたんだから
もっと良いものにしなくちゃ!」

こう思ってしまうんですね。

一番いけないことは
変なこだわりが生まれてしまうことです。

たとえ、利益に繋がらないことでも
「あーでもない」「こーでもない」と
本来の目的を無視した行動を
取ってしまいます。

そうなるとダラダラしながら作業を
してしまいがちになりますし、
締め切りが過ぎても、
引き延ばしたりしてしまうのです。

また新しく締め切り日を決めると
さらに時間を使うことになりますから
余計に「完璧なものに仕上げないといけない」と
プレッシャーが押し寄せてきます。

完全な負のスパイラルですね。

たくさんの人が作業をするときに
このように完璧にこなそうとすると思います。

おそらく
失敗して恥ずかしい思いをしたくないから、
お客さんや上司から怒られたくないからなど
いろいろ理由があることでしょう。

私自身も社長から怒られたくないですし、
そもそもミス自体したくないです。

だから、完璧にやろうとしていました。

でも、これがビジネスで成功できない
大きな原因の1つだということです。

『ビジネスはスピード勝負』

結局のところ1つの作業を丁寧に行っても
全体から見たときに終わっていなかった。

なんてことがよくありますので、
ビジネスで結果を出していきたいのなら
スピードを意識してさばいていく必要があります。

当然、失敗する数は増えますが、
その失敗から見えるものがありますし、

反省⇒改善をしていくことで
よりクオリティの高い成果物を作ることができます。

はじめから「質」が上がるわけでもないですからね。

「量」をこなすことによって
いつか「質」に変わる瞬間がきますので、

行動⇒失敗⇒反省⇒改善

このサイクルをできるだけ
早く回していけるようしていけたら
ビジネスでの結果も見えてくるようになります。

追伸:

「速さは全てを解決する]

この本に書かれていたことで印象に残ったのは

1、全体を把握する

2、2度手間を全力で避ける

3、ITを駆使する

4、着手は素早くする

5、作業の工夫をする

この5つでした。

この5つを参考にして
1つ1つの作業スピードを
意識的に上げていきます。

最終的には無意識で
行えるようになりたいですね。

【追伸】

現在全国セミナーを行っています。

セミナー参加者には社長の書籍がもらえますので、
興味がある方はぜひご参加をお待ちしております!

⇒ 原田陽平全国セミナーの詳細はこちらからどうぞ

 

アフィリエイト大百科は今何位
アフィリエイトブログランキング

line@
今すぐスマホでクリック
たった2クリックで登録完了です!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

原田陽平公式メールマガジン

mailmagazine
画像はクリックできます

このページの先頭へ