ライバルチェックの重要性

応援してもらえると嬉しいです。
1日1クリックをお願いします。
矢印アフィリエイトブログランキング

 

こんにちは、秋元です。

アフィリエイトを行っていく上で、
ライバルチェックは重要です。

よく言われることですが、
これは稼げるサイトを作るうえで
避けては通れない道です。

 

アフィリエイトをやっていて
ライバルチェックというものについて
全く知らない人はいないと思いますが、

線

●わかっていてもめんどくさくてしてない人

●そんなに重要性を感じなくてやってない人

●そもそもどうやるのかわからない人

線

上記の様な人がいると思います。

しかし、しっかりやれば、
やっただけの見返りはありますので、
騙されたと思ってやってみてください。

 

ライバルチェックとは

 

とりあえず、『ライバルチェック』というものが
よくわからないという人のために説明をしたいと思います。

 

★ライバル

ライバルというのは検索エンジンで
上位表示されているサイトの事です。

『競合』などと呼ばれることもあります。

本来の意味とはちょっと異なるのですが、
アフィリでは大体この様な意味になります。

サイトアフィリで稼ぐ上で、
最も大切なのが『上位表示』されることです。

※アフィリエイトでは基本的に
SEO対策を行って上位表示させていきます。

検索エンジンで上位表示されないと、
基本的にアクセスは見込めません。

アクセスがなければ、
商品が売れることはないので、
アフィリエイトのサイトとしては
失敗と言わざるを得ません。

上位表示というのは大体
10位以内を指す場合が多いですね。

検索エンジン上で検索した時、
1ページに表示されるのが10サイトなので、
ここに入り込むことが、
取りあえず当面の目標になります。

 

★ライバルチェック

ライバルチェックというのは
現在上位表示されているサイトを、
目視で確認していくことを言います。

線

●どれ位のコンテンツがあるのか

●最終更新日はいつなのか

●デザインはしっかりしてるか

線

確認すべきポイントはいくつかありますが、
時間の許す限りチェックしていきましょう。

 

★ライバルチェックの必要性

基本的に『サイト評価』
上位表示されるかどうかというのは
『相対評価』によって決まります。

 

要因はいくつかあるのですが、基本的には

●コンテンツの質
●コンテンツの量

上記によって判断されています。

なので、その辺を調べずに
ジャンル、キーワードを選んでしまうと、

ライバルが強すぎて上位表示できない!

何てことにもなりかねません。

ある程度はSEO対策次第で
何とかなる場合もあるのですが、

強いサイトを抜くのは
並大抵の労力ではないので、
あまりおすすめできません。

そこに労力をかけるのなら、
初めからライバルの弱い所を狙っていく方が
効率的ですし、効果的です。

 

ライバルチェックのタイミング

 

それではライバルチェックのタイミングですが、
記事を作る前になります。

ジャンルを選ぶ前に
チェックしておくのも重要ですが、

どのジャンルにしてもASPに置いてあれば
「稼げないジャンル」ではないので、
そこまで神経質になる必要はありません。

大切なのはキーワードです。

その「狙っているキーワード」で
上位表示されることが重要なので、

タイミングという話でいえば、
その都度、行うのがベストですね。

記事を書く前、キーワードを選ぶ際に
ライバルチェックを行うのが望ましいのです。

ですので、とりあえずはサイト作成の前に
一度しっかりとやっておくことをお勧めします。

 

★ライバルチェックのやり方

ライバルチェックのやり方ですが、
まずメインで「狙っているキーワード」で
検索をかけてみましょう。

それについて書かれているサイトが
づらづらと表示されるので、
片っ端から見ていきます。

サイトの評価は「相対的」なので、
ライバルよりも優れていると判断されることで、
ライバルサイトを追い抜かすことができます。

なので、この時点でそのキーワードが
強豪ひしめく激戦区なのか、
お魚釣り放題のブルーオーシャンなのか
判断がつくわけです。

 

SEO的な観点もありますし、
検索アルゴリズムというものは水ものなので
ここまでやれば必ず上位表示される!

というのは誰にも分らないのですが、
基本的にサイトは既にお伝えしている通り
「コンテンツの質」「コンテンツの量」
によって判断されています。

ですので、
まず見るべきポイントは、この2つです。

 

★コンテンツの質

要はユーザーのためになる記事が
書いてあるかどうかですね。

グーグルは同じことがかかれているサイトは
一切評価しないと公言していますが、

似たようなサイトでも、
評価を落とす原因になってしまいます。

なので、オリジナリティの高い、
しっかりと作られているサイトが多い場合、
これは諦めた方がいいかもしれません。

また公式サイトや公式ショップが
多くひしめいているキーワードも、
避けた方が無難です。

 

★コンテンツの量

簡単に言うと
『文字数』と『記事数』です。
基本的には多ければ多いほど有利です。

見るべきポイントはこの2つです。
なので初めのうちはこの辺りに焦点を合わせて、
ライバルチェックをしていきましょう。

それよりもいいサイトが作れると判断したら
サイト作成にとりかかればいいですし、

このサイトには勝てないなと判断すれば、
諦めてしまった方が効率的です。

 

アフィリエイトは「量」より「質」?

 

グーグルロボットがいくら頭がいいと言っても、
現状、デザインや、文章の意味まで
判断して評価を下してるわけではありません。

サイトアフィリは「量」より「質」。

そういわれるようになって久しいですが、
それでも「量」で追い抜かないことには、
上位表示は難しいです。

ただ、それには最低条件として、
一定レベルでの「質」が
必要にはなってきます。

ですが、難しい話ではありません。

検索エンジンロボットもデザインや意味について
判断して評価しているわけありませんので、
ポイントさえ押さえれば、
そのレベルなら簡単にクリアは出来ます。

 

ライバルチェックの意味

 

判断基準としては、
オリジナルのコンテンツかどうか、

つまり
「似通ったコンテンツでないこと」で、
評価の対象になります。

なので、少なくとも自分の言葉で、
量を書いていくことで
上位表示はされるようになってきます。

その目安として、
ライバルチェックが必要になってきます。

これをやらずに闇雲に始めてしまうと、
時間を余計に使って
遠回りすることになってしまったり、

最悪の場合、
完全に無駄になってしまうこともあります。

ライバルチェックは時間がかかるので
面倒くさいかもしれませんが、

遠回りに見えて、
実は一番効率的な方法なのです。

 


矢印1日1回クリックをお願いします。
皆さんのクリックが励みになります。
矢印アフィリエイトブログランキング

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

原田陽平公式メールマガジン

mailmagazine
画像はクリックできます

このページの先頭へ